大型店の進出で地域の商業者たちに元気がない
個人店はもう駄目だと経営者たちが諦めてしまっている
何とかもう一度商店街を再生したい…などなど

そのような商工団体や商店街の方へ…

ラフィネットでは、独自の「6つの逸」の考え方に基づき、お店の顔づくり、物づくり、人づくりによる「一店逸品運動」の企画から運営までのトータルアドバイスを行っております。

一店逸品運動の中核となる「6つの逸」とは・・・

1.「逸 店」・・・お店らしい素晴らしい店舗・施設
2.「逸 品」・・・お店らしい優れた商品・素材
3.「逸 材」・・・お店らしい優れた人材・販売員
4.「逸 事」・・・お店らしい企画・しかけ・イベント
5.「逸 匠」・・・お店らしい名工・ワザ・技術
6.「逸 遇」・・・お店らしい素晴らしい接客・もてなし

一店逸品写真撮影

一店逸品参加店講習会の様子

一店逸品運動の最大のコンセプトは「店舗の顔」「商品の顔」「店員の顔」の「3つの顔づくり」です。そして、その目的は、お客様にお店をイメージしてもらい、お店に興味を持ってもらい、お店を知ってもらうことです。そのための参加店を対象とした講習会が各地で定期的に開催されています。

一店逸品ワーキング委員会の風景

一店逸品運動を運営しているのは、実質参加店の中から選ばれた「ワーキング委員の人たち」です。この人たちと事務局、アドバイザーが三位一体となって一店逸品のいろいろな企画を話し合うからこそ、素晴らしい販促企画ができ、素晴らしいカタログが出来上がるのです

ラジオキャスターによる参加店取材

一店逸品運動参加店の積極的な営業活動やその店の逸品は、時として新聞、雑誌などのマスコミやテレビ、ラジオといったメディアの目に止まります。そのような取材から記事になり、放映されることで突然逸品がブレイクし始めます。